IIJmioって何?料金プランやiPhoneでの乗り換え方法を徹底解説

iPhoneをauから格安SIMのIIJmio(アイアイジェイミオ)に乗り換えて3年が経ちました。

IIJmioに乗り換える前までは、月々のスマホ代に7,000円以上も支払っていましたが、今では2,000円台に収まっています。もちろん、通話料も込みです。

これってすごくないですか?1年間で約6万円も節約できるんです!

そんなIIJmioのことをお伝えしようと思い、この記事では、

  • IIJmioって何?
  • IIJmioのメリット
  • IIJmioのデメリット
  • iPhoneをIIJmioに乗り換える方法

についてまとめています。

\ 最新のキャンペーン情報はこちら /

IIJmioって何?

IIJmioとは、auやドコモ、ソフトバンクといった携帯会社の内の1つです。

大手携帯会社(auやドコモ、ソフトバンク)と比べてIIJmioの通信料金が安い理由は、大手携帯会社の通信設備を借りて利用者に通信サービスを提供しているからです。自分たちで通信設備を維持・管理する必要がないため、通信料金を低価格で提供できるんですね。

ちなみに、IIJmioのような通信設備を持たない携帯会社のことをMVNO(エムブイエヌオー)または格安SIMといいます。

ここでSIMという言葉が出てきました。SIMとは、スマホでインターネットや電話をするために必要なICカードのことです。

例えば、auでiPhoneを購入すると、iPhoneの中にauのSIMが入った状態で手渡されます。これにより、iPhoneはauの通信サービスを利用して、インターネットや電話ができます。

IIJmioのように通信設備を持たない携帯会社は、通信料金が「格安」の「SIM」を提供しているので、格安SIMと呼ばれるんですね。

IIJmioは、格安SIM業界の中でもいち早く格安SIMサービスを開始し、長年の経験値と実績を積み重ねています。その結果、格安SIMシェアNo.1&お客様満足度No.1の実績があります。つまり、IIJmioはもっとも選ばれている格安SIMなのです!

IIJmioで販売されているSIMの種類

IIJmioで販売されているSIMは以下の3種類です。

  • データ通信専用SIM
  • SMS機能付きSIM
  • 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

データ通信専用SIMとSMS機能付きSIMは電話が使えません。これらのSIMは、ガラケーとスマホの2台持ち用やタブレット用で使用する方向けですね。

電話を使いたい方は、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を選びましょう。IIJmioでは、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)が多く使われていることから、「IIJmio(アイアイジェイミオ)=みおふぉん」と呼ばれたりもします。

IIJmioの料金プラン

IIJmioで販売されているSIMの種類ごとの料金プランを見ていきましょう。どのプランも、大手携帯会社に比べるとその安さにビックリすると思います。

データ通信専用SIM

 ミニマムスタートプラン(3GB)ライトスタートプラン(6GB)ファミリーシェアプラン(12GB)
タイプD900円1,520円2,560円

SMS機能付きSIM

 ミニマムスタートプラン(3GB)ライトスタートプラン(6GB)ファミリーシェアプラン(12GB)
タイプD1,024円1,660円2,700円
タイプA900円1,520円2,560円

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

 ミニマムスタートプラン(3GB)ライトスタートプラン(6GB)ファミリーシェアプラン(12GB)
タイプD1,600円2,200円3,260円
タイプA1,600円2,200円3,260円

プランはたった3種類だけです。シンプルでわかりやすいですね。プランは、月々に使用するデータ量をもとに選びましょう。

プラン選びに迷ったらまずは1番安いミニマムスタートプラン(3GB)でいいでしょう。乗り換えてみて通信容量が足りないようであれば、別のプランに変更しましょう。プラン変更は簡単にできますからね。

料金プランには、ドコモ回線を使用するタイプDと、au回線を使用するタイプAがあります。現在利用しているスマホの回線と同じタイプにするのがいいでしょう。

IIJmioのメリット

  1. 格安SIMシェアNo.1&お客様満足度No.1
  2. データ量を使い切っても快適に使える
  3. 家族利用でさらにお得
  4. 「みおふぉんダイアルアプリ」を使うと通話料が半額になる
  5. ドコモ回線とau回線が選べる
  6. 最新のスマホも安心して使える

IIJmioに乗り換えると月々のスマホ代が安くなるだけでなく、他にもたくさんのメリットがあります。

詳細は、IIJmioのメリットの記事をご覧ください。

IIJmioのデメリット

  1. 時間帯によっては通信速度が遅くなる
  2. キャリアメールが使えない
  3. 契約後の店頭サポートがない
  4. クレジットカード決済しか対応していない
  5. 解約時に違約金が発生する場合がある

月々のスマホ代をとっても安くできるIIJmioですが、auやドコモ、ソフトバンクといった大手携帯会社に比べてデメリットもあります。

詳細は、IIJmioのデメリットの記事をご覧ください。

iPhoneをIIJmioに乗り換える方法

  1. 自分にあったプランとSIMを選ぶ
  2. IIJmioに申し込む
  3. 初期設定を行う

格安SIMに乗り換えるのは大変だと思いがちですが、たった3ステップでできてしまいます。

詳細は、iPhoneをIIJmioに乗り換えるの記事をご覧ください。スマホのことが苦手な方でも、迷うことなく乗り換えができるようにわかりやすく解説しています。

まとめ

IIJmioについて、ここまで説明してきました。iPhoneをauから格安SIMに乗り換えるときは不安もありましたが、今ではIIJmioに乗り換えてほんとうによかったと感じています。大手携帯会社に比べて1年で約6万円も節約できるんですからね!

ぜひこの機会に、IIJmioへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

更新日:

Copyright© iPhone×IIJmioでスマホ代節約 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.