iPhone

iPhoneをバックアップする方法をわかりやすく説明します

更新日:

「今使っているiPhoneから新しいiPhoneに乗り換えたいけど、データの移行(移し替え)ってどうするの?」

とお困りの方、多いんじゃないでしょうか。データの移行を行うには、まずは今使っているiPhoneのバックアップを取る必要があります。

「バックアップは取ったから、iPhoneをバックアップから復元したい!」という方は、iPhoneを復元するの記事をご覧ください。

この記事では、iPhoneをバックアップする方法について説明しています。

iPhoneをバックアップする2つの方法

iPhoneをバックアップするための方法は2つあります。難しそうな言葉が並んでいますが、どちらもやり方は簡単です。

  1. iCloudを使う
  2. iTunesを使う

iCloudとiTunesのバックアップはどう違うの?

iCloudとiTunesを使ったバックアップの違いを以下の表にまとめました。

 iCloudiTunes
バックアップの保管場所iCloud上パソコン
バックアップできる
データ容量
最大2TB
(最初の5GBは無料)
パソコンの空き容量
データ暗号化常に暗号化される暗号化できる
(初期値は暗号化なし)
バックアップ手段Wi-Fiを使って作成できるパソコンで作成できる

どちらの方法でバックアップを取るかは、「自宅や個人用のパソコンがあるかないか」で決めましょう。

自宅や個人用のパソコンがない場合、Wi-Fiを使ってiCloudバックアップを行ってください。パソコンがある場合、パソコンを使ってiTunesバックアップを行いましょう。

iCloudを使ったバックアップだと、バックアップできるデータ容量が限られています(無料だと5GBまで)。iPhoneに写真や動画をたくさん保存している場合、5GBなんてあっという間に超えてしまうので、データ容量を気にしなくていいiTunesを使ったバックアップがおすすめです。

iCloudでバックアップを取る手順




iPhoneの「設定」アプリを開き、自分の名前が表示されている部分を選択します。その後、「iCloud」を選択します。




「iCloudバックアップ」を選択します。その後、「iCloudバックアップ」がOFF(白)になっていたら、ON(緑)にしましょう。

「iCloudバックアップ」がONになっていると、iPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiがに接続されているときに、1日1回自動でiCloudバックアップが取られます。意識しなくてもバックアップが取れるのはいいですね。

今すぐiCloudバックアップを取得する場合は、「今すぐバックアップを作成」を選択します。




「今すぐバックアップを作成」を選択すると、バックアップが開始されます。「最後に作成されたバックアップ」に現在の時刻が表示されたら、iCloudバックアップは完了です!

iTunesでバックアップを取る手順




パソコンでiTunesを起動します。ここでは、まだiPhoneをパソコンに接続しないでください。

  • Macの場合:「iTunes」 > 「環境設定」を選択します。
  • Windowsの場合:「編集」 > 「設定」を選択します。


「デバイス」を選択し、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない。」にチェックを入れ、「OK」を選択します。

チェックを入れていない場合、iPhoneとの同期が自動的に開始され、データが消失したり重複することがあります。


ここで、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続してください。

パソコンで「アクセスするのを許可しますか?」というメッセージが表示された場合は、「続ける」を選択します。




iPhoneで「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、「信頼」を選択します。

iPhoneでパスコードの入力を求めるメッセージが表示された場合は、iPhoneのパスコードを入力しましょう。




iTunesの左上にあるiPhoneマークを選択します。




「このコンピュータ」を選択します。続いて、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。暗号化することで、以下情報もバックアップの対象になります。

  • 保存したパスワード
  • Wi-Fi設定
  • Web サイトの履歴
  • ヘルスケアデータ

注意点として、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れたときに入力するパスワードは忘れないようメモしておきましょう。このパスワードがないと、バックアップしたデータを復元することができなくなります。

「今すぐバックアップ」を選択すると、iTunesバックアップが開始されます。「最新のバックアップ」に現在の時刻が表示されたら、iTunesバックアップが完了です!

まとめ

iPhoneをバックアップする方法について書いてきました。

iPhoneのバックアップさえあれば、機種変更時のデータ移行やiPhoneの故障や紛失が起きたときのデータ復元が簡単に行えます。不測の事態に備えて、バックアップは1度取ったきりではなく、定期的に取るようにしましょう!

「iPhoneをバックアップから復元したい!」

という方は、引き続きiPhoneを復元するの記事をご覧ください。

-iPhone

Copyright© iPhone×IIJmioでスマホ代節約 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.